子供のスマホをLINEMO(月990円)で始めよう >

【2024年】コスパ最強のSIMフリースマホおすすめ6選

コスパ最強のSIMフリースマホおすすめ6選

著者:ネットワークエンジニア ぺんた

新しいSIMフリースマホ買おうと思うんだけど、今コスパ最強のスマホって何だろう?

SIMフリースマホを購入したいけど値段や種類が多すぎて何を基準に選べばいいのか迷いますよね。

本記事ではSIMフリースマホ選びに悩んでる方向けに、2024年おすすめのSIMフリースマホと失敗しない選び方を解説します。

数あるスマホを利用し、

  • SIMフリースマホ歴8年
  • 格安SIM歴7年
  • 今スマホを5台同時に利用してる

そんな僕が、

どんな方にもわかりやすく解説しているので、SIMフリースマホ選びに失敗することはありません。

特に本記事では”コスパ最強”に重点を置いて紹介しています。

スマホ機種だけ知りたいという方は「コスパ最強SIMフリースマホ6選」をタップしてジャンプしてください。

タップできる目次

SIMフリースマホの選び方【どういう基準で選ぶの?】

SIMフリースマホの選び方【どういう基準で選ぶの?】

SIMフリースマートフォンを選ぶ際に重要なポイントをご紹介します。

各仕様・スペックについて、以下のポイントを押さえておけば使い勝手の悪いスマホを選ぶことはないでしょう。

僕の見る観点も交えて紹介します。

1.対応する周波数バンド

これを第一に考えないと、使えない可能性が出てきます。

SIMフリースマホの購入で最も重要なのは「今契約しているキャリアのSIMカードを挿してちゃんと通信できるようになるか」です。

もう少し言い換えると、SIMフリースマホにより受信できる電波が決まっているので、SIMカードが利用する電波が受信できるかどうかがカギになります。

通信できるか否かは、SIMフリースマートフォンが対応している周波数バンドを見ればわかるので、確実に確認しておきましょう。

例えば、ドコモとソフトバンク回線には対応しているけどau回線には非対応というようなSIMフリースマホがあります。

下記が各契約キャリアが利用している周波数バンドです。(簡単化するために特に重要な値を抜粋しています。)

契約キャリア主要な周波数バンド
ドコモ回線4G:1/3/19
5G:n78/n79
au回線4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
ソフトバンク回線4G:1/3/8
5G:n77
楽天モバイル回線4G:3/18 or 26
5G:n77

SIMフリースマートフォン側に、この周波数バンド値があるかをしっかり確認しておきましょう。

これを確認しておかないと、SIMカード挿しても通信できない(スマホ買った意味がない)という状況が起こってしまいます。

昔と比べ最近のSIMフリースマートフォンは、全キャリアに対応しているものが多くなってきているので、ほとんどの場合は大丈夫です。

例えば、AQUOS Sense8が対応する4G・5Gの周波数バンドは、下記のように記載があります。

4G

B1/2/3/5/8/12/17/18/19/21/28/38/41/42

5G

n1/n3/n28/n41/n77/n78/n79

4Gについて、B1/3/19を含んでいるので対応していると分かります。

5Gについても、n78/n79を含んでいるのでドコモの5Gにも対応していると分かります。

このことから、AQUOS Sense8はドコモ回線の格安SIMで利用可能と言えます。

1、3、18、n77、n78にも対応しているのでau回線のSIMカードも使えるってことだね!

1、3、8、n77にも対応しているからソフトバンク回線にも対応しているんだね!

その考え方でOKです!

2.SoCのベンチマークスコアは高い方が性能が高いと考えてOK

用途に応じた処理性能を持つスマホを選ぶことで本体価格を抑えられます。

基本的に、価格が高いスマホは性能の良いSoCが搭載されています。

スマホの処理能力や動作の快適さを表す指標であるSoCの性能値(ベンチマークスコア)は確認しておきましょう。

AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約35〜50万点
GPUスコア:約14〜18万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約25〜35万点
GPUスコア:約7〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約15〜25万点
GPUスコア:約3〜7万点
必要最低限
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
サブ端末向き
引用:ガルマックス

本記事で紹介する機種は、総合スコア42~80万点なので普段使いには問題ない機種を厳選しています。

3.その他各スペック値の目安

最後は個々の必要に応じたスペックを満たせばOK

項目コメント
重量180~200gを超えると重たい印象を受けると思います。
大きさスマホの横幅が75mmを超えると、僕個人的には持ちにくいと感じます。僕の場合、この幅を超えると寝ながら片手で操作しにくくなります。
RAM複数アプリケーションを同時に処理する能力です。
最近の機種を考えると以下の感じです。
  • 1~4GBだと不安6GB以上だと割と快適
ROM写真や動画、アプリデータなどデータ全般を保管する容量(ストレージ)のこと。
年々写真が増えていくので
・16GB・・・選ばない方が良い
・32GB・・・選ばない方が良い
・64GB・・・最低限ほしい
・128GB以上・・・足りるでしょう
バッテリー
容量
3000~4000mAh:少し不安
4000mAh~:2023年でもまぁ十分でしょう
5000mAh~:十分
Felica搭載していればほぼお財布ケータイが利用可能です。
Felicaの有無で結構価格が変わります。
SIM
スロット
nanoSIMが2枚、またはnanoSIM1枚+eSIM1枚入ると、使い勝手がよく、デュアルSIMが可能です。
eSIM+nanoSIMの組み合わせがトレンドです。
充電
端子
近年ではUSB Type-Cが主流です。今後のことを考えるとType-C一択です。
SIMフリースマホのスペック条件

ちなみに、買ってはいけないスマホの特徴もこちらの記事でまとめているので参考にしてください。

▶買っては いけないスマホの特徴4つとその理由

それではなんとなくスペックの感覚もつかめてきたと思うので、下記より、2023年も十分に活用できるSIMフリースマホ端末をご紹介していきますね!

2023年コスパ最強おすすめSIMフリースマートフォン6選

SHARP AQUOS Sense8

SHARP AQUOS Sense8
メリット
  • ヘビーユーザーでない限りこれで十分
  • コンパクトで軽く女性でも持ちやすい
  • バッテリーも結構持つ
デメリット
  • ハイエンド機には負ける
  • 定価で買うなら他のスマホも検討

日本のメーカーに限定したいという方なら、AQUOS Sense8を購入すればまず間違いありません。

近年失われつつあるイヤホンジャックも搭載され、割と小さく軽めなので女性の方でも手にフィットしますよ。

スペック表

項目SHARP AQUOS sense 8
画面サイズ
ディスプレイ
約6.1インチ
FHD+ 2,432×1,080 (IGZO OLED)
リフレッシュ
レート
最大90Hz
重量約159g
大きさ約71mm×153mm×8.4mm(突起部除く)
SoCQualcomm Snapdragon® 6 Gen 1 Mobile Platform
ベンチマークスコア参考値: 578051
RAM/ROMRAM:6GB / ROM:128GB
バッテリー
容量
5,000mAh
カメラアウトカメラ:
 5030万画素(標準)
 約800万画素(広角)

インカメラ:
 800万画素
お財布
ケータイ
対応
防水・防塵IP68
SIMスロットnanoSIM / eSIM
スロット数:1
充電端子USB Type-C
対応バンド
(5G)
5G:
n1/n3/n28/n41/n77/n78/n79
対応バンド
(4G)
LTE:
B1/2/3/5/8/12/17/
18/19/21/28/38/41/42
各回線への
対応
ドコモ回線:〇
au回線:〇
ソフトバンク回線:〇
楽天モバイル:〇
発売日2023年11月17日(SIMフリー)
通常価格54,800円
公式サイト公式サイト
IIJmio
価格
IIJmioでMNPで29,800円
IIJmio公式サイトから申し込む

SoCのベンチマークスコア

Antutu 10Qualcomm Snapdragon® 6 Gen 1 Mobile Platform
(SHARP AQUOS sense 8)
Total
score
578051
(ヌルヌル、動作に不満なし)
CPU174760
GPU138731
MEM144348
UX120879
参考:nanoreview.net

各キャリアへの対応

回線種類主要な周波数バンドAQUOS sense 8
ドコモ
回線
4G:1/3/19
5G:n78/n79
対応
au
回線
4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
対応
ソフトバンク
回線
4G:1/3/8
5G:n77
対応
楽天モバイル
回線
4G:3/18 or 26
5G:n77
対応

特にIIJmioでは25,000円の割引となるので、約3万円で完成度の高いこの機種を購入できると考えるとかなりお得ではないでしょうか。予算3万円ならこのスマホですね。

▶IIJmio公式サイトからの申し込みはこちら

Google Pixel 7a

Google Pixel 7a
メリット
  • Google製スマホ
  • 手ごろ価格で機能はハイスペック並
  • 暗い場所でもきれいにカメラで撮れる
デメリット
  • バッテリーの持ちはあまり良くない

迷ってる人はとりあえずこれを買っておけ!」と断言できるGoogle純正のスマートフォンです。

この価格でGoogle Tensor G2を搭載しているので、コスパは非常に高いです。

スペック表

項目Pixel 7a
画面サイズ
ディスプレイ
約6.1インチ
リフレッシュ
レート
最大90Hz
重量193.5 g
大きさ約72.9(W)x152.0(H)x9.0(D) (mm)
SoCGoogle Tensor G2 Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ
ベンチマークスコア参考値: 805943
RAM/ROMRAM:8GB / ROM:128GB
バッテリー
容量
4,385 mAh
カメラアウトカメラ:
 64 メガピクセル Quad PD Quad Bayer 広角カメラ
 13 メガピクセル ウルトラワイド カメラ
 
インカメラ:
 13 メガピクセル
お財布
ケータイ
対応
防水・防塵IP67
SIM
スロット
タイプ:nanoSIM、eSIM
スロット数:1(nanoSIM)
充電端子USB Type-C
対応バンド
(5G)
5G: n1/2/3/5/7/8/12/20/25/28/38/40/41/66/75/76/77/78/79
対応バンド
(4G)
LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/21/25/28/32/38/39/40/41/42/66
各回線への
対応
ドコモ回線:〇
au回線:〇
ソフトバンク回線:〇
楽天モバイル:〇
発売日2023年5月11日
発表時の価格62,700円
公式サイト公式サイト
販売MVNOIIJmioでMNPで44,800円~
IIJmio公式サイトから申し込む

SoCのベンチマークスコア

この価格で80万点はコスパの面では最強でしょう。

Antutu 10Google Tensor G2
(pixel 7a)
Total
score
805943
(ヌルヌル、動作に不満なし)
CPU242320
GPU200075
MEM155795
UX209695
引用先:https://nanoreview.net/

各キャリアへの対応

Google Pixel 7aはどのキャリアにも対応しています。

回線種類主要な周波数バンドGoogle Pixel 7a
ドコモ
回線
4G:1/3/19
5G:n78/n79
対応
au
回線
4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
対応
ソフトバンク
回線
4G:1/3/8
5G:n77
対応
楽天モバイル
回線
4G:3/18 or 26
5G:n77
対応

各MVNOで動作確認済み端末に本機種が含まれていない場合の動作は自己責任でお願いします。

motorola edge 40

motorola edge 40
メリット
  • 軽量でコンパクト&薄い
  • トップレベルで纏り感のあるスマホ
  • ミドルクラスでは不満が無い
デメリット
  • バッテリーの持ちはあまり良くない
  • 画面がラウンドエッジが苦手な方もいる

Pixel7aをも上回るくらいのコスパの高さがウリのmotorola edge 40。

まさかモトローラがこんなスマホを出すとは思いませんでした。

68W充電にも対応しているのでわずかな空き時間でも十分充電が可能です。

項目motorola edge 40
画面サイズ
ディスプレイ
約6.55インチ
リフレッシュ
レート
最大144Hz
重量約167g
大きさイクリプスブラック
 約158.43mm x 71.99mm x 7.58mm(最薄部)

ルナブルー
約158.43mm x 71.99mm x 7.49mm(最薄部)
SoCMediaTec Dimensity 8020
ベンチマークスコア参考値: 755795
RAM/ROMRAM:8GB / ROM:256GB
バッテリー
容量
4,400 mAh
カメラアウトカメラ:
 約5,000万画素 f/1.4
 
インカメラ:
 約3,200万画素 f/2.4
お財布
ケータイ
対応
防水・防塵IP67
SIM
スロット
タイプ:nanoSIM、eSIM
スロット数:1(nanoSIM)
充電端子USB Type-C
対応バンド
(5G)
5G: n1/n3/n28/n41/n77/n78
対応バンド
(4G)
4G: LTE B1/B2/B3/B4/B7/B8/B11/B12/B17/B18/
B19/B26/B28/B38/B39/B40/B41/B42
各回線への対応ドコモ回線:〇
au回線:〇
ソフトバンク回線:〇
楽天モバイル:〇
発売日2023年7月21日
発表時の価格64,801円
公式サイト公式サイト
販売MVNOIIJmioでMNPで34,800円~
IIJmio公式サイトから申し込む

SoCのベンチマークスコア

トータルスコア75万点となかなかの高スペックです。

Antutu 10MediaTek Dimensity 8020
(motorola edge 40)
Total
score
755795
(ヌルヌル、動作に不満なし)
CPU206428
GPU219739
MEM150339
UX181233
引用先:https://nanoreview.net/

各キャリア回線への対応

motorola edge 40はどのキャリアにも対応しています。

回線種類主要な周波数バンドmotorola edge 40
ドコモ
回線
4G:1/3/19
5G:n78/n79
対応
au
回線
4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
対応
ソフトバンク
回線
4G:1/3/8
5G:n77
対応
楽天モバイル
回線
4G:3/18 or 26
5G:n77
対応

各MVNOで動作確認済み端末に本機種が含まれていない場合の動作は自己責任でお願いします。

Xiaomi Redmi 12 5G

Xiaomi Redmi 12 5G
メリット
  • LINEとネットならこれで十分
  • この価格でROM256GBはアツイ
  • 出来るだけ安価でコスパ重視ならコレ!
デメリット
  • 少し処理性能は低め
  • サイズ感は少し大きいと感じる

2023年に発売されたスマートフォンの中でも性能は控えめではあるものの、Qualcomm® Snapdragon™ 4 Gen 2を搭載していてantutuベンチマークスコアも40万点以上あるため、日常使いでは十分な性能を持っています。

LINEが中心の方だったり、初めてスマホを持つ方にもおすすめです。

IIJmioではMNPで12,800円で購入できるので、出来るだけ安く購入したい方はぜひ。

RAM/ROM強化版も登場しました!

スペック表

名前Xiaomi Redmi 12 5G
画面サイズ
ディスプレイ
約6.8インチ
FHD+ (2,460×1,080)
リフレッシュ
レート
最大90Hz
重量約200g
大きさ約169mm×76mm×8.2mm
SoCQualcomm® Snapdragon™ 4 Gen 2
ベンチマークスコア参考値: 422120
RAM/ROMRAM:4GB / ROM:128GB
RAM:8GB / ROM:256GB(強化版)
バッテリー
容量
5,000mAh
カメラアウトカメラ:
約5,000万画素メインカメラ f/1.8
+約200万画素深度センサー f/2.4

インカメラ:
約500万画素カメラ f/2.2
お財布
ケータイ
対応
防水・防塵IP53
SIM
スロット
nanoSIM / eSIM
スロット数:1
充電端子USB Type-C
対応バンド
(5G)
5G:
n3/n28/n41/n77/n78
対応バンド
(4G)
LTE:
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/
20/26/28/38/39/40/41/42
各回線への
対応
ドコモ回線:〇
au回線:〇
ソフトバンク回線:〇
楽天モバイル:〇
発売日2023年10月6日
強化版は2023年12月8日
通常価格29,800円
強化版は34,800円
公式サイト公式サイト
IIJmio価格IIJmioでMNPで1,2800円~
IIJmio公式サイトから申し込む

SoCベンチマークスコア

2万円台で40万点をたたき出すのはかなり強いです。日常使いには35万点程度あれば良いとされています。

Antutu 10Qualcomm® Snapdragon™ 4 Gen 2
Total
score
422120
(重いゲームもなんとか)
CPU144019
GPU48975
MEM117229
UX112128
参考:nanoreview.net

各キャリア回線への対応

Xiaomi Redmi 12 5Gはどのキャリアにも対応しています。

回線種類主要な周波数バンドRedmi 12 5G
ドコモ
回線
4G:1/3/19
5G:n78/n79
対応
au
回線
4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
対応
ソフトバンク
回線
4G:1/3/8
5G:n77
対応
楽天モバイル
回線
4G:3/18 or 26
5G:n77
対応
両機種のキャリアへの対応

各MVNOで動作確認済み端末に本機種が含まれていない場合の動作は自己責任でお願いします。

RAM/ROM強化版はこちら↓

moto g52j 5G Ⅱ

moto g52j 5G Ⅱ
スペックより価格重視ならコレ!

モトローラで初めておサイフケータイ&防水に対応したスマホです。

OPPOやXiaomiとは異なり、UIがピュアAndroidなのが特徴です。

moto g52j 5Gには無印版Ⅱ版Special版があります。

名前moto g52j 5G Ⅱ
画面サイズ約6.8インチ 2,460×1,080 (FHD+)
20:9、IPS、リフレッシュレート 120Hz
リフレッシュ
レート
120Hz
重量約206g
大きさ約171.0 x 約76.8mm x 約9.1mm(最薄部)
SoCQualcomm® Snapdragon™ 695 5G 2.2GHz オクタコア
ベンチマークスコア参考値: 440617
RAM8GB
ROM128GB
バッテリー
容量
5,000mAh
カメラアウトカメラ
 約5,000万画素メイン (f/1.8) + 約800万画素 超広角(118°)
 深度センサー(f/2.2)+ 約200万画素マクロ (f/2.4)
 LEDフラッシュ

インカメラ
 約1,300万画素 (f/2.2)
お財布
ケータイ
対応
防水・防塵IP68
SIM
スロット
タイプ:nanoSIM/eSIM
スロット数:1 (nanoSIM)(nanoSIMx2のDSDV構成は不可)
充電端子USB Type-C
対応バンド
(5G)
n3/n28/n77/n78
対応バンド
(4G)
B1/B2/B3/B8/B18/B19/B28/B38/B41/B42
各回線への
対応
ドコモ回線:〇
au回線:〇
ソフトバンク回線:〇
楽天モバイル:〇
発売日2023年7月7日
販売MVNOIIJmioでMNPで16,800円~
IIJmio公式サイトから申し込む

SoCベンチマークスコア

Antutu 10Qualcomm® Snapdragon™ 695 5G
Total
score
440617
(重いゲームもなんとか)
CPU147688
GPU83857
MEM95485
UX117978
参考:nanoreview.net

各キャリア回線への対応

moto g52j 5G Ⅱは各キャリア回線に対応しています。

回線種類主要な周波数バンドmoto g52j 5G Ⅱ
ドコモ
回線
4G:1/3/19
5G:n78/n79
対応
au
回線
4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
対応
ソフトバンク
回線
4G:1/3/8
5G:n77
対応
楽天モバイル
回線
4G:3/18 or 26
5G:n77
対応
主に取り扱っている格安SIM

IIJmioではMNPで16,800円となっており、非常に安価に購入することが可能になります。

各MVNOで動作確認済み端末に本機種が含まれていない場合の動作は自己責任でお願いします。

OPPO Reno9 A

OPPO Reno9 A

2023年6月22日に発売したOPPOのスマートフォンです。こちらもコスパが高く2023年人気のスマホになること間違いなしです。

年々肥大化してくるシステム領域のゴミファイルをAIによって削除していくような機能「システム劣化防止機能」が搭載されています。

名前OPPO Reno9 A
画面サイズ約6.4インチ 有機EL(AMOLED)ディスプレイ
リフレッシュ
レート
90Hz
重量約183g
大きさ約74(W)x160(H)x7.8(D) (mm)※最薄部
SoCQualcomm® Snapdragon™ 695 5G
ベンチマークスコア参考値: 440617
RAM8GB(約5GBのRAM拡張)
ROM128GB
バッテリー
容量
4,500mAh
カメラアウトカメラ
 約4800 万画素メインカメラ+800万+200万の3眼

インカメラ
 約1,600万画素フロントカメラ
お財布
ケータイ
対応
防水・防塵IP68
SIM
スロット
タイプ:nanoSIM/eSIM
スロット数:2 (nanoSIM)(1つはSDカードと排他的)
充電端子USB Type-C
対応バンド
(5G)
n3/n28/n41/n77/n78
対応バンド
(4G)
B1/3/4/5/8/12/17/18/19/26/28/38/40/41/42
各回線への
対応
ドコモ回線:〇
au回線:〇
ソフトバンク回線:〇
楽天モバイル:〇
発売日2023年6月22日
発表時の価格44,800円
公式サイト公式サイト

定価は44,800円と高いものの、IIJmioではMNP特価として24,800円で販売されており、機種変更でIIJmioを選ぶ方が非常に多いです。在庫があればラッキーかもです。

同価格帯のRedmi Note 11 Pro 5Gと比べると、スペック的には負けていますが、背面がOPPO GLOWと呼ばれる特殊な加工が施されているので、所有欲を満たすでしょう。

SoCベンチマークスコア

Antutu 10Qualcomm® Snapdragon™ 695 5G
Total
score
440617
(重いゲームもなんとか)
CPU147688
GPU83857
MEM95485
UX117978
参考:nanoreview.net

各キャリア回線への対応

OPPO Reno9 Aはどのキャリア回線にも対応しています。

回線種類主要な周波数バンドOPPO Reno9 A
ドコモ
回線
4G:1/3/19
5G:n78/n79
対応
au
回線
4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
対応
ソフトバンク
回線
4G:1/3/8
5G:n77
対応
楽天モバイル
回線
4G:3/18 or 26
5G:n77
対応

各MVNOで動作確認済み端末に本機種が含まれていない場合の動作は自己責任でお願いします。

SIMフリースマホを安く買うなら格安SIM&端末セットがお得!

出来るだけ安くSIMフリースマートフォンを買いたい」という方は、IIJmioの格安SIMの端末セットで購入するのがお得です。

下記は2023年12月時点の情報になります。(最新情報はIIJmio公式サイトで確認してみてください。)

端末名定価 → 端末セット価格
SHARP AQUOS Sense849,000円 → 29,800円
Google Pixel 7a57,800円 → 44,800円
motorola edge 4057,800円 → 34,800円
Xiaomi Redmi 12 5G31,320円 → 12,800円
moto g52j 5G Ⅱ23,800円 → 9,980円
OPPO Reno9 A41,980円 → 24,800円

特別キャンペーンなどによっても若干変わりますが、新発売の端末でも約2万円程度割引されるので、正直破格です。

人気機種はすぐに在庫がなくなるので、すぐにチェックしてみてくださいね!

\今なら最大6ヵ月間月額440円割引 !!/

品切れになる可能性があるので
早めに申し込むことをおすすめします。

買うならSIMフリースマートフォンがオススメな理由

今購入するなら大手キャリアのスマホを購入するより、SIMフリースマートフォンを購入する方が断然おすすめです。

  • そもそもSIMフリースマートフォンとは何か
  • SIMフリースマートフォンがオススメな理由

について簡単に触れておきます。

そもそもSIMフリースマートフォンって何?

僕は2015年くらいからSIMフリースマホを利用してきていますが、一度買ったらもうキャリアのスマホには戻れなくなってしまいました。

少し誤解している方もいると思うので、先に解説しておきますが、

SIMフリースマホ≠格安SIM

です。

キャリアショップから販売されていないスマホ本体のことをSIMフリースマホと呼んでいます。

キャリアショップで販売されている機種と同じ端末で、SIMフリー版というのも存在しますね。

ザックリと言うと、キャリア経由で販売されているものはキャリアスマホ、それ以外(メーカーから販売されてたり格安SIM事業者、ネットショップから販売されていたり)はSIMフリースマホと呼ばれています。

SIMフリースマホには下記で紹介するおすすめポイントがあります。

SIMフリースマートフォンがおすすめな理由

なぜSIMフリースマートフォンがおすすめなんだろう?
キャリアスマホとは何が違うの?

SIMフリースマホには下記のメリットがあります!

SIMフリースマホにするだけで得られるメリット
  • キャリア独自の余計なアプリが入っておらず、キャリア版スマホに比べてストレージ容量の空きが多い
  • バックグラウンドでキャリア独自の余計なアプリが動作しないので、動作がキビキビしている
  • キャリアに縛られず、用途に応じて豊富な様々な機種(ローエンド~ハイエンド)から選ぶことができる
  • 様々な機種から選べるので、低価格の端末も選べお金の節約&満足度が高くなる

例えばドコモと契約していた時は”ドコモから販売された機種”しか選ぶことができませんでした。

気に入ったスマホが無くてもドコモ製品からしか選ばざるを得ない、いわゆる消去法しかできなかったんです。

つまり、非常に選択肢が狭かったんですよね。

しかし、SIMフリースマホの場合は、今となってはAmazonや家電量販店で様々な種類のスマホ本体が販売されるようになりました。

そのおかげで、自分の使い方や用途に合ったちょうどいい機種を選ぶことができるようになりました。

Amazonだと数か月前に販売された機種等は、割引されていたりするので思った以上に安く手に入ります。

SIMフリースマホにはキャリア独自の余計なアプリが無いので、ストレージの空きも多く動作も軽やかで、バッテリー持ちも幾分か良いです。

ぜひ、機種変更の時はキャリアショップでの購入ではなくAmazon等で購入してみてはいかがでしょうか。

SIMフリースマホのメリット・デメリットについての詳細は「SIMフリースマホとは?キャリアショップで買うスマホとの違いは?【コスパ最強】」をご覧ください。

コスパ最強おすすめSIMフリースマホまとめ

本記事ではコスパの高いSIMフリースマホについて紹介してきました。

  • SHARP AQUOS Sense8
  • Google Pixel7a
  • motorola edge 40
  • Xiaomi Redmi 12 5G
  • moto g52j 5G Ⅱ
  • OPPO Reno9 A

特に、IIJmioで端末とセットで申し込むとスマホ本体が激安価格で入手できるので、機種代金を節約したい方は在庫のあるうちに申し込んでおきましょう。

\種類が豊富でお気に入りの1台が見つかる!!/

例えば【AQUOS sense 8】なら期間限定で
54,800円33,800円!!

参考リンク

タップできる目次