子供のスマホをLINEMO(月990円)で始めよう >

【現役エンジニアが選ぶ】子供のキッズ携帯・スマホにおすすめの格安SIMランキング

子供向け格安SIMランキング

子供のスマホにおすすめできる格安SIMのランキングを作成しました。

子供に出来るだけ安くかつ実用的なものを選びたいと思う方の格安SIM選びの参考になれば嬉しいです。

まずはこちらの「【子供の格安SIMの選び方】子供におすすめの格安SIMを解説!」に目を通しておいてもらえると解説の理解が早いかなと思います。

現役のネットワークエンジニアなので、通信の繋がりやすさ、速さ、実用性等の観点も考慮してランキングを作成しています。

タップできる目次

子供向けにおすすめの格安SIMランキング

子供の用途も踏まえて、おすすめの格安SIMランキングを作成しました。

単純な月額料金による比較ではなく、独自の特徴、繋がりやすさ、通信速度を考慮しています。

格安SIM評価の理由
1位
linemo
LINEMO
申し込み
格安ブランド 速度:速い
安い、速い、LINEカウントフリーと3拍子揃った格安ブランド。
1回5分かけ放題が1年間550円→0円になるのもGood!!
速度制限かかってもLINEは通常速度で使えるのが唯一LINEMOだけ。
▶使い比べた結果LINEMO ミニプランを選んだ理由とその評判【レビュー・口コミ】
2位
IIJmio
IIJmio
申し込み
格安SIM 速度:並
MNP乗り換えでの端末の割引はピカイチ。
格安SIMの老舗。ついに5GBで990円となった。
サポートも充実していて、新端末が欲しいなら節約価値が高い。
3位
楽天モバイル
楽天モバイル
申し込み
MNO 速度:速い
使わない月は安くなる従量制1プラン!
繋がるか繋がらないかで評価が大きく変わる楽天モバイル。
1GBまでなら0円が廃止されたが、使い放題したいなら相変わらず魅力的。
4位
TONEモバイル
トーンモバイル
申し込み
格安SIM 速度:並
充実の見守り機能、制限機能のやさしいスマホ。
格安SIM唯一のキッズスマホはトーンモバイルだけ。
▶子供だけでも使えるトーンモバイルのメリット・デメリットを解説します【評判・口コミ】
5位
mineo
mineo
申し込み
格安SIM 速度:並
マイそく スーパーライトを使えば擬似キッズ携帯も可能。
データ通信させたくないけど通話できるスマホを持たせたい子供向け。
月額800円~で音声通話用のスマートフォンが持てる組み合わせができるのはmineoだけ。
▶子供のスマホにmineo(マイネオ)は実はやばい!?注意点をメリット・デメリット観点で解説!
6位
thumbnail_irumo
irumo
申し込み
格安ブランド 速度:速い
2023/6月下旬よりOCNモバイルONEが廃止、代わりの位置づけとしてドコモのirumoとなりました。
ドコモのため安定した通信速度。(0.5GBは除く)
ドコモ光/home5Gを契約している方にはおすすめできる。
7位
ワイモバイル
Y!mobile
申し込み
格安ブランド 速度:速い
ソフトバンクのサブブランドで高速通信が可能。
2回線目以降は1,100円割引となるので家族全員でお得に使いたい方におすすめ!
8
NUROモバイル
NUROモバイル
申し込み
格安SIM 速度:並
NURO専用帯域を使い、速い格安SIM。
SNSカウントフリー(NEOデータフリー)が人気。
LINE、Twitter、Instagram、TikTokをよく使う方にとってはコスパ高い。
9位
ahamo
ahamo
申し込み
格安ブランド 速度:速い
とにかく今より安くしたい方に。
1プランしかないが、ドコモと同様の高速通信が可能で20GBで2,970円。
ややこしいこと何も考えることなく今より安くしたいという方はahamo。
10位
povo
povo
申し込み
格安ブランド 速度:速い
先を見据えて臨機応変に、そして柔軟にトッピング。
月額体系を廃止したauの格安プラン。
大容量トッピングをすれば、1ヵ月当たりのコスパは高くなる。
11位
UQモバイル
UQモバイル
申し込み
サブブランド 速度:速い
auからの乗り換え候補のKDDIのサブブランド!!
コミコミプランはahamoと対抗できる良プラン。
au IDがあればMNPなどの手続きが不要になるためauの乗り換え先として人気。
ショップも比較的多いので、気軽にサポートが受けられる点も良い。
12位
日本通信SIM
日本通信SIM
申し込み
格安SIM 速度:並
超合理的な格安SIM。
1GB290円から利用可能でコスパを考えるなら非常に優秀な格安SIM。
頻度は少ないが1回が長い方向けの通話オプション「月計70分無料」がGood。
13位
HISモバイル
HISモバイル
申し込み
格安SIM 速度:並
2022/5にサービス開始した自由自在プランが非常に安価。
通話料も9円/30秒というのも魅力的ながら、7GB990円がかなり激安。
節約志向の高い方には是非!
14位
イオンモバイル
イオンモバイル
申し込み
格安SIM 速度:並
1GB刻みで誰にでも合う最適プランが探せる!
シニアの方であれば専用プランもあり安く利用可能。
また、イオンモバイルが近くにあれば店頭サポートも受けられる点が魅力的。
15位
libmo
LIBMO
申し込み
格安SIM 速度:並
意外と安く人気の格安SIM!
20GBで足りない方向けに30GBの大容量プランが2,728円/月で用意されています。
16位
QTモバイル
QTモバイル
申し込み
格安SIM 速度:並
電気とまとめて格安に!
自宅の電気が九電の場合は、20GBで1,870円/月と割安になるので、十分選択肢に入ります。
本評価は地域などでも異なるため参考程度にお願いします。
名称意味
格安SIM格安SIM…大手キャリアから回線を借りてサービスをしているMVNO。通信速度は遅め~並。
格安ブランド格安ブランド…大手キャリアが提供するサービスの1つ。通信速度は大手とほぼ同じで、速い。オンライン専用。(ahamo、povo、LINEMOのみ)
サブブランドサブブランド…大手キャリアの子会社。通信速度は大手とほぼ同じで速い。店舗もある。(UQモバイル、Y!mobileのみ)
MNOMNO…自社回線を持つ事業者。(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのみ)
主に4つの種別がある

【1位】
LINEMO

特徴メリットデメリット
こんな人におすすめ申し込み

LINEMOの特徴

LINEMOは数ある格安SIMの中でも唯一無二の「LINEがギガフリー(使い放題)」という特徴を持っています。

ソフトバンクの格安ブランドという位置づけのため、通信速度もソフトバンク並みに速いのが特徴です。

一般的にスマホはデータ通信を使いすぎると速度制限かかってしまいますが、連絡手段(LINE)だけは通常速度で使えるので子供のスマホにおすすめです。

僕のようにLINEでよく子供の写真を親に送ったり、LINE通話を頻繁にする方は、ますますギガフリーの恩恵が受けられますよ。

LINEMOのメリット

  • LINEギガフリーでLINEが使い放題
  • 速度制限中でもLINEだけは通常速度で使える
  • ファミリーリンクを使えばフィルタリングやGPS見守り、アプリ制限も可

格安SIMは通信速度が遅くてストレスでしたが、LINEMOでは十分な速度が出ています。子供も満足しています。

LINEMOのデメリット

  • 端末セット販売が無い
  • オンライン申し込みのみ対応
  • 使い放題プランは無い

こんな人におすすめ!

  • LINE(通話や写真・動画の送受信)をよく使う人
  • 速度制限中でもLINEだけは通常速度で使いたい人
  • 格安SIMの通信速度は遅いと感じる人
  • 確実に連絡が取りたい子供用
詳細はLINEMO公式(https://www.linemo.jp/
でご確認ください
お得に申し込もう!

\ミニプランなら半年間、6GB/月が実質無料で使える!/

source:LINEMO

【2位】
IIJmio

特徴メリットデメリット
こんな人におすすめ申し込み

IIJmioの特徴

IIJmioは端末もセットで購入したい方、MNPで端末を乗り換えたいという方にはかなりおすすめです。

おそらく格安SIMの中では最もスマホ本体値引きが高く、新発売のスマホが2万円以上割引されて手に入ります。

以前AQUOS Sense8を3万円台で購入しました!

IIJmioのメリット

  • MNPの端末セット契約で新スマホが安く購入できる
  • 端末数が豊富で話題の新端末も取り扱っている
  • 音声通話が11円/30秒

キャンペーンで端末が110円で購入できたので、とてもお得に子供に使わせています。

IIJmioのデメリット

  • 初期費用で3300円+SIM発行手数料が取られる
  • オンライン申し込みのみ対応
  • 通信速度は並程度

こんな人におすすめ!

  • 今スマホを持っていてMNPで機種代を安くしたい方
  • 端末も一緒にセットで購入したい方
  • 月額料金を安く利用したい方

\今なら最大6ヵ月間月額440円割引 !!/

source:IIJmio

【3位】
楽天モバイル

特徴メリットデメリット
こんな人におすすめ申し込み

楽天モバイルの特徴

ついに「最強こどもプログラム」が開始したため、最安で~3GB/523円で持てるようになりました。

契約中は楽天ポイントも貯まりやすくなるので、楽天市場で良く買い物する方であれば、実質的に安く感じるのではないでしょうか。

ただ、地域によっては楽天回線の繋がりにくさが顕著に現れるので注意です。

3GBを超えなければ名のとおり最強だと感じています。

楽天モバイルのメリット

  • 使わない月は安くなる従量制1プラン!
  • 3GBで523円は魅力的(最強こどもプログラム等を適用時)
  • Rakuten Linkを使えば通話料が無料

楽天モバイルのデメリット

  • プラチナバンドを持っておらず繋がりにくい
  • 屋内で繋がりにくいため、連絡取れないケースもあり得る
  • 端末セット購入可能だが、選べる端末数は多くない

こんな人におすすめ!

  • 出来るだけ安く抑えたい方
  • 家族複数人で楽天モバイルを使っている方
  • 楽天市場でよくお買い物する方

\申込みで最大で12,000ポイント付与!/

楽天モバイルへ初めてお申し込みで6,000pt
楽天モバイルへ初めてお申し込み&他社から乗り換えで6,000pt

source:楽天モバイル

格安SIMで最も気になるのは通信速度。なぜ速度が違うのかは以下を参照してください。

データ容量別おすすめは?

データ容量別でおすすめの格安SIMをまとめました。

タップして拡大

格安ブランド、サブブランド、格安SIMの料金プランまとめ
1/2

タップして拡大

格安ブランド、格安SIMの料金プランまとめ
2/2

基本的には子供にはLINEMOをおすすめしますが、5GBや10GBといったLINEMOには無い容量が欲しい方は、IIJmioやHISモバイルを選択することで、より節約することが可能です。

とはいえ、LINEMOの「LINEがカウントフリーで使い放題」というのはLINE(LINEメッセージもLINE電話も含む)を多用する方ならかなりメリットが大きいので、余裕をもってLINEMOの20GB(スマホプラン)を選択するのもありです。

<容量別おすすめ>


  • 0.5~3GB
  • 3~5GB
  • 5~10GB
  • 10~20GB
  • ~無制限

容量:0.5~3GB

LINEMO

linemo

容量少なくてもLINEがカウントフリーなので利用価値高い。
子供のネットやゲームなど使いすぎを抑制しつつしっかりLINEで連絡取れるのでおすすめ。
3GBで990円(LINE利用分はノーカウント)なので、実質的に3GB以上。

6ヵ月実質無料キャンペーン中


日本通信SIM

日本通信SIM

純粋な料金の安さならこれ。意外と隠れた格安SIM。初期費用がかかる。

1GB/290円、2GB/510円、

1GB/290円(以降1GB追加毎に+220円)


容量:3~5GB

IIJmio

IIJmio

純粋なデータ量で比較すると、5GB/990円はコスパ高い。
特に、MNP乗り換えなら新スマホでも割引価格で購入できるのが人気の理由。セット購入できる端末の種類もトップクラスに多い。

格安SIMである以上、通信速度は並程度だが格安SIMの老舗でサポートが充実。


NUROモバイル

NUROモバイル

IIJmioと同じ5GB/990円はコスパ高い。
バリューデータフリーでLINEトークのギガ消費なしは地味にありがたい。(※LINE通話・ビデオ通話は消費するのでLINEMOよりも恩恵は少ない)

格安SIMのため通信速度は並程度。


容量:5~10GB

IIJmio

IIJmio

10GB/1500円。
特に、MNP乗り換えなら新スマホでも割引価格で購入できるのが人気の理由。セット購入できる端末の種類もトップクラスに多い。

格安SIMである以上、通信速度は並程度だが格安SIMの老舗でサポートが充実。


日本通信SIM

日本通信SIM

純粋な料金の安さならこれです。意外と隠れた格安SIM。

10GBで1,390円と安いですが、通信速度が心配。


容量:10~20GB

LINEMO

linemo

20GB/2,728円と単純な20GBでの比較なら割高ですが、LINEギガフリーが強み。
スマホプラン(20GB)なら10,000円分のPayPayポイント還元キャンペーンも実施中なので、実質的に約3ヵ月分は無料で使える。


mineo

mineo

20GBは競合が多いが、月額2,178円と単純に20GBの料金が安い。
6/3までのキャンペーンで、20GBでも最大6ヵ月間990円で利用できる。


楽天モバイル

楽天モバイル

mineoと同様、20GBの競合が多い中で月額2,178円と単純に料金が安い。
だが、楽天回線を使ってることもあり繋がりにくいのがデメリット。

20GBを超えると3,278円となるため、20GB以内で抑える工夫が必要。

容量:~無制限

楽天モバイル

楽天モバイル

mineoと同様、20GBの競合が多い中で月額2,178円と単純に料金が安い。
だが、楽天回線を使ってることもあり繋がりにくいのがデメリット。

20GBを超えると3,278円となるため、20GB以内で抑える工夫が必要。


ahamo

ahamo

通信速度、繋がりやすさを考えてもahamoは品質が高い。100GB/4,950円と割安。
家に固定回線が無い方や、自宅環境は100GBあれば十分という方であれば、ahamoがおすすめです。


日本通信SIM

日本通信SIM

もし30GB必要なら日本通信SIMも候補。他では20GB/2,178円のところを同じ料金で30GB使えるのはコスパが高い。通信速度がネックになりそう。


音声通話メインならおすすめは?

音声通話メインで使う方におすすめの格安SIMをまとめました。というよりほぼ1択です。

mineo

mineo

マイそく スーパーライトは速度が32Kbpsと壊滅的だが使い放題なプラン。250円/月。
Wi-Fiに繋げば問題なくデータ通信はできる。
10分かけ放題が+550円で利用できるので、計800円/月で通話用スマホが作れる。

外出時に子供に持たせたい時は24Hデータ使い放題+198円/回を使えば、外でも安心して利用可能です。

詳細は子供のスマホを格安SIMで通話のみにする方法【擬似キッズ携帯】を参考にしてください。

おすすめキャンペーン情報

期間限定キャンペーンで、LINEMOミニプラン(3GB)なら6か月実質無料キャンペーンを実施しているので、お得にLINEMOを契約可能です。

LINEMOを始めるとメリットがたくさん!

詳細はLINEMO公式(https://www.linemo.jp/
でご確認ください
お得に申し込もう!

LINEMOならLINEギガフリーで使い放題!速度制限時でもLINEは通常速度なので

LINEがメインならLINEMOがお得です!

LINEMOはソフトバンクの格安ブランドなので通信速度も速くLINE通話音質もGood!!

\ミニプランなら半年間、6GB/月が実質無料で使える!/

6ヵ月実質無料キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、
すぐ契約することをおすすめします。

有害サイトのフィルタリングサービスが無料ってところも子供向けとしても魅力的です!

僕がLINEMOを使って評価した結果はこちら!!

参考リンク

▶LINEMOで子供のキッズスマホを月990円で始めてみよう

▶【図解】Googleファミリーリンクの利用方法・手順

タップできる目次