子供のスマホをLINEMO(月990円)で始めよう >

【これ一択!!】子供に持たせるならLINEMOがおすすめと断言する4つの理由

【これ一択!!】子供に持たせるならLINEMOがおすすめと断言する4つの理由

著者:ネットワークエンジニア ぺんた

子供におすすめの格安SIMって何だろう?

と悩んでいる方も多いはずです。あまりに安すぎても信頼できないという方もいますよね。

僕は子供のスマホにLINEMOを持たせているのですが、他の格安SIMに比べてLINEMOがもっとも子供におすすめできると感じたので、その理由について紹介します。

タップできる目次

子供に持たせるならLINEMOがオススメと断言する4つの理由

上記の4つの理由について表で表すとこんな感じです。

一覧比較LINEMO他の格安SIM
①LINEギガフリー対応非対応
②通信速度速い
通話品質高い
遅い
通話品質低い
③速度制限時のLINE通常速度
(通話も快適)
制限速度
(通話は厳しくなる)
④オプション
(事業者による)

一つ一つの理由を解説していきますね。

理由①.LINEがギガフリーで利用可能でデータ量を消費しないから

LINEMOはLINEギガフリーでデータを消費しない
参考:LINEMO

※トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。

LINEMOは数ある格安SIMの中でも唯一、LINEが使い放題という大きな利点がありLINEとの親和性が高いです。一般的にLINEは、通話やメッセージや写真・動画を送受信するときには、データ量(ギガ)を消費してしまいます。

LINE通話・IP通話の一種で、データ量(ギガ)を消費して声のやり取りをしている
・通信速度が速いほど通信品質が高い
LINEメッセージ・文字よりも画像・動画の送受信では大きくデータ量(ギガ)を消費する
・通信速度が速い方が動画像のやり取りも速い。

え?通話ってデータ量消費するの?

と思っている方も多いですが、実はLINE通話はIP電話の一種で、データ通信で声を送り合っています。

連絡手段(メッセージや通話)でLINEを多用するなら、LINEMOに乗り換えるだけでLINEが無制限使い放題(LINEギガフリー)になります。

LINEで消費していた分のギガを他のSNSやインターネット通信に回せると思えば、かなり有用ですよね。

LINE通話と普通の通話の違いについて詳細を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

▶​電話とLINE電話ってどう違う?解説します【LINEMOがおすすめなワケ】

理由②.通信速度が速く、LINE通話の品質が高い

さきほど「LINE通話はデータ通信で声を送り合っている」と言いましたが、言い換えると「データ通信の速度(通信の良し悪し)で音声品質がガラッと変わる」ということです。

仕組みや詳細は割愛しますが、データ通信速度が速ければ快適にLINE通話が可能です。

大手キャリアや格安SIMを通信速度を比較してみます。

種類格安SIM事業者平均通信速度
大手キャリア
(MNO)
ドコモ118.99Mbps
ソフトバンク102.6Mbps
格安ブランドahamo74.86Mbps
LINEMO74.66Mbps
格安SIM
(MVNO)
IIJmio45.03Mbps
mineo42.15Mbps
引用元:みんなのネット回線速度

大手キャリアが速いのは当たり前ですが、それ相応の速度を維持できているのが大手キャリアの格安ブランドであるLINEMOです。格安SIMはお昼の速度低下が著しいです。

<通信が遅いと何が起きるか>

  • 音声データが抜けてしまったり、ブツブツになって聞こえたりしてしまいます。
  • 音声遅延が多くなり、自分が話してから5秒後くらいに相手から反応があるという状態が起きる

LINEだけしたいなら料金が安い格安SIMをおすすめすべきですが、下手に選んでしまうと音声品質が悪く後悔してしまう方が多いです。

また、動画・画像の送受信だとかなり時間もかかってしまいます。

このような理由から、格安SIMではなくLINEMO(大手キャリア回線をほぼそのまま利用できる格安ブランド)を契約することが望ましいです。

格安ブランドは、純粋な格安SIMとは異なる

格安ブランドは純粋な格安SIMと比べて通信速度が速いのが特徴です。

  • ahamo, povo, LINEMOは大手キャリアの格安ブランド(オンライン専用プラン)の位置づけ
  • UQモバイルはauのサブブランド、Y!mobileはソフトバンクのサブブランドの位置づけ

サブブランドと格安ブランドの違いについては「格安ブランドとは?格安SIMやサブブランドとは何が違うの?」を参考にしてみてください。

理由③.速度制限時でもLINEは通常速度で利用可能

子供は計画性が無くすぐに制限に引っかかってしまうことが多いかと思います。

速度制限にかかって子供とLINE通話もできない…。

上記でも解説したように、速度制限にかかると通信速度が遅くなります。

つまり、LINE通話の品質が低下が起きます。

グループで通話してたりすると、自分だけが「相手が何言ってるか全然分からないし、自分の声もかなり遅延して届いてて仲間の輪に入れない‥。」と言った事態も起こり得ます。

LINEが主な連絡手段の家庭にとっては致命傷でしょう。

そんな中でもLINEMOだけは、速度制限時でもLINEは通常速度で利用可能という唯一の機能を持っています。
※トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。

子供との連絡手段(LINE)だけは何としても確保したい!という方は、格安SIMよりも多少高いけど、LINEMOを選んでおくべきと言えるわけです。

\ミニプランなら半年間、6GB/月が実質無料で使える!/

簡単で最短10分で契約可能です

理由④.子供にも最適なオプション(GPS, フィルタリング)がある

LINEMOでは無料でGPS見守りやフィルタリングが可能です。

他にもアプリ制限・管理などもできます。

Googleファミリーリンクを使えばGPS見守り(無料)もできる

子供にスマホを持たせるからにはGPS見守りは必須ですよね。

実はキッズ携帯ではなくスマホでもGPS見守りが利用可能です。

キッズ携帯はGPS見守りが有料オプションでしたが、LINEMOの場合は無料アプリとして利用可能です。

キャリア位置情報見守りサービス月額料金
LINEMO
スマートフォン
Googleファミリーリンク無料
ドコモ
キッズケータイ
イマドコサーチ月額220円
au
キッズケータイ
安心ナビ月額330円
ソフトバンク
キッズケータイ
位置ナビ月額220円
GPS見守りサービスの種類

スマートフォンではGoogleファミリーリンク(公式サイトはこちら)を使うことで、GPS見守りが可能になります。

ファミリーリンクはGPS見守り以外にも、下記のようにアプリの利用管理・制限もできるので子供のスマホには導入しておくことをおすすめします。

<ファミリーリンクを導入してできるようになること(代表例)>

  • 普通のスマホでもファミリーリンクを導入することでキッズ仕様のスマホにすることができる
  • 利用可能なアプリの管理、使ってほしくないアプリには制限が可能
  • アプリのインストールには親の承認が必要に
  • アプリ毎に利用時間の制限が可能(1日3時間など)
  • GPSにより子どもの位置情報を確認できる(スマホの位置)
  • 子どもが利用したアプリと時間のレポート(今日・昨日・7日間・30日間)
  • Google Chromeで表示できるサイトのフィルタリング

LINEで連絡が取れるし、GPSで居場所が分かるし、不要なアプリは制限できるので、子供に持たせるスマホとしておすすめです。

フィルタリング機能は「あんしんフィルタ(無料)」オプションが便利

子供のスマホには有害サイトへのアクセスの遮断が必要です。

LINEMOでは、無料で加入できるあんしんフィルタが提供されているので、とても経済的です。

手順を下記に示しておきます。

フィルタリングサービス追加手順(タップで開閉します)
STEP
My menuにログイン
STEP
ログイン後、下にスクロール
STEP
オプション変更をタップ
STEP
サービス一覧をタップ
STEP
フィルタリングサービスをタップ

これだけで、フィルタリング設定が可能です。

(上記Googleファミリーリンクとの併用が推奨されています。)

LINEMOのキャンペーン中に申し込めばでさらにお得に使える!

今実施しているキャンペーンをご紹介します。

期間限定のお得なキャンペーン

詳細はLINEMO公式(https://www.linemo.jp/
でご確認ください
お得に申し込もう!
  1. 翌月から6カ月間データ追加購入(550円/1GB)を毎月最大3回まで割引
  2. 新規/他社乗り換えでPayPayポイント5,940円分もらえる!

翌月から6カ月間、データ追加購入(550円/1GB)×最大3回を毎月値引き(無料)

つまり、6GB月990円で利用可能なので大変お得なキャンペーンです。

しかも、990円×6ヵ月分のPayPayポイントがもらえるので実質6ヵ月間無料です!

スマホプランも+3GBまで無料なので23GB使えます。

【特典】通話準定額に加入で、5分以内の国内通話が半年間無料に

そしてさらに、お得な特典があるのをご存じですか?

LINEMO契約から7か月目まで5分以内の国内通話定額オプション「通話準定額」(税込550円/月)が無料になるキャンペーンも併用可能なので、乗り換えるなら今しかないくらいのチャンスですよ。

※対象者:LINEMOを契約の上で、通話準定額に加入中の方。
※一部対象外の通話あり

\ミニプランなら半年間、6GB/月が実質無料で使える!/

※ 新しい番号での契約、 ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外。
※特典は出金・譲渡不可。 PayPay公式ストア、PayPayカード公式ストアでも利用可能。 オンライン専用。

この機会にぜひ申し込んじゃってください!

LINEMOの申込み方法【かんたん4STEP】

下記4STEPで完了します。

  1. キャンペーン特設公式サイトからアクセスし契約
  2. 端末を用意する
  3. 端末に初期設定をする
  4. 子供の管理用設定をする

もし詳細な手順が必要な方は下記を参考にしてください。

あわせて読みたい
子供のスマホをLINEMO(月990円)で始めよう どういう流れでLINEMOでキッズスマホを始めればよいかが分からない方のために、簡単なロードマップを用意しました。 LINEMOは子供向け格安SIMランキングでも1位にしてい...

LINEMOのよくある質問

LINEMOは契約者と利用者が違うけど大丈夫?子供名義で契約する?

大丈夫です。親が契約して子供に使わせることができます。

LINEMOでは契約ステップの中で契約者と利用者を別々に登録するかを問われる箇所があるので、そこで利用者を子供名義にすれば良いです。

本人確認書類は契約者(親)のものだけあればOKです。(子供の本人確認は不要です。)

子供の名義の登録の仕方の詳細は、「「使用者の情報」について教えてください。」をご覧ください。

LINEMOで子供をGPS見守りはできる?

LINEMOでも推奨されている「Googleファミリーリンク」アプリを使えば可能です。

出来ることや利用してみたイメージは「ファミリーリンクを設定して子供のスマホ利用を見守ってみた」を参考にしてください。

有害サイトのフィルタリングもできる?

これもGoogleファミリーリンクを導入すればサーチフィルタリングが可能です。

他にも、サイトURL単位で手動でフィルタリングかけることも可能です。

18歳未満は加入が必須となっています。

参考:青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律

利用開始月は日割りになる?

LINEMOの場合は日割り計算になります。

詳細は「LINEMOの利用開始月は日割り計算になるから激安だった」をご覧ください。

\ミニプランなら半年間、6GB/月が実質無料で使える!/

※他のリンク経由だとキャンペーンが適用されない可能性があるので注意してください

※ 新しい番号での契約、 ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外。
※特典は出金・譲渡不可。 PayPay公式ストア、PayPayカード公式ストアでも利用可能。 オンライン専用。

参考リンク

LINEMOは厳密に言うと格安SIMではなく大手のサブブランドです

タップできる目次