子供のスマホをLINEMO(月990円)で始めよう >

mineoの「マイそくスーパーライト」は子供向け?契約前に知っておくべき3つのこと

mineoの「マイそくスーパーライト」は子供向け?契約前に知っておくべき3つのこと

250円から利用可能なので子供のスマホとしても人気が出そうなmineoの新プラン「マイそくスーパーライト」ですが、使い方によっては割高になってしまい他の格安SIMの方がお得なことが分かりました。

本記事では子供のスマホにmineoを利用することを前提に、mineoを契約する前に知っておきたいことを3つ紹介します。

タップできる目次

マイそくスーパーライトの契約前に知っておきたい3つのこと

子供向けにと思って契約する方は特に、使い方によっては他の格安SIMの方が安くなる可能性もあるのでぜひご覧ください。

  • 新規契約でしか契約できない
  • まともに使えない速度だけど毎月料金かかる
  • どんな人に最適なプランなのか?

下記で詳細を解説します。

1.新規契約でしか契約できない

出典:mineo公式サイト

現在mineoを利用していて、マイそくスーパーライトにプラン変更したいと思っている方もいると思いますが、プラン変更はできません。そして

このプランは新規契約のみになります。

また、エントリーコードを活用して事務手数料の割引もできません。

mineo公式の注意事項をみると…
  • マイピタおよびマイそくの他コースからマイそくスーパーライトへコース変更することはできません。
  • マイそくスーパーライトはお申し込み時にエントリーコード等の契約事務手数料の割引はご利用できません。

2.まともに使えない速度だけど毎月料金かかる

スクロールできます
比較横目32kbps
マイそく
スーパーライト
200kbps
マイピタの
低速通信速度
300kbps
マイそくライト
の標準速度
1.5Mbps
マイそくスタン
ダード
3Mbps
マイそく
プレミアムの
標準速度
メール/メッセージ
LINE通話などのIP電話
QR決済/バーコード決済
音楽ストリーミング
テキストサイト/SNS
画像サイト/SNS
(Instagram)
動画視聴(低画質 144p)
動画視聴(標準画質 360p)
動画視聴(高画質 720p)
ビデオ会議
FeliCa決済※1
(おサイフケータイやApple Payなど)
音声通話※2
(090/080などから始まる通話)

32kbpsでは、メッセージの送信さえもかなり時間がかかるので、写真の送受信や動画の閲覧は間違いなく無理でしょう。メッセージも「〇」になっていますが、かなり厳しいかと思います。

そのため、オプションを組み合わせないと何もできないです。その割に月額250円かかります。

3.どんな人に最適なプランなのか?

マイそく スーパーライトは最大速度が32Kbpsで外ではほぼ通信は使えないため、基本的に自宅でWi-Fiに接続してスマホを利用する方でしょう。そして月に数回程度外出して利用する方。

この使い方で適してると感じるのは子供の利用には最適です。

LINE等での連絡用としてスマホを持たせたいが、利用は自宅内に限定する方も多いはず。

そしてたまに外出時にスマホを持たせて、連絡兼GPSでの見守り用に使う。

外出時には下記のオプション「24時間データ使い放題」に198円課金すれば、外でも自由に通信が利用可能です。

また、+550円で10分かけ放題が付与できるので、月額800円(マイそくスーパーライト+10分かけ放題)で通話専用機として持たせることも可能です。

外では通信はほぼ利用できない速度ですが、とりあえず連絡用に持たせておきたい場合はmineoが安くて実用的です。

マイそくスーパーライトとpovo、LINEMOを比較

mineoのマイそくスーパーライトの「24時間データ使い放題」オプションありきの活用方法は、povoと少し似ているなと思ったので比較してみます。

ついでに、常時LINEが使い放題で子供のスマホに人気のLINEMOとも比較してみます。

それぞれの特徴を比較

比較povo
povo
mineo
mineo マイそく
スーパーライト
linemo
LINEMO
基本月額料金0円250円990円
オプション無し速度128Kbps32Kbps
24h使い放題の
オプション料金
330円198円
通信速度速い普通速い
その他常時LINE使い放題

※オプションとは「24時間データ使い放題」を指しています。povoは330円/回、mineoは198円/回。

povo
  • 月額料金0円
  • オプション(トッピングなし)だと128kbps
  • 330円の課金で1日使い放題
  • 使い放題時の通信速度は超速い(格安ブランド並)
  • povo公式サイトはこちら
mineoマイそくスーパーライト
  • 月額料金250円
  • オプションなしだと32kbps
  • 198円の課金で1日使い放題
  • 使い放題時の通信速度は普通(格安SIM並)
  • mineo公式サイトはこちら
LINEMO
  • 月額990円(3GB)
  • オプションは無し
  • LINEは常時使い放題(カウントフリー)
  • 通信速度は超速い(格安ブランド並)
  • LINEMO公式サイトはこちら(キャンペーン適用されます)

povoとmineo、LINEMOではどれがお得なのか試算してみる

結論から言うと、1ヵ月の間に「24時間データ使い放題」オプションを

  • 0回、1回課金するなら、povoの方がお得
  • 2回、3回課金するなら、mineoの方がお得
  • 4回以上課金するなら、LINEMOの方がお得

となります。

試算は以下を参考にしてみてください。

外出時にはオプション「24時間データ使い放題」を課金するとして、

月に0回課金する場合、povoがお得
  • povoは330円×0回で0円
  • mineoは250円+198円×0回=250円
月に1回課金する場合、povoがお得
  • povoは330円×1回で330円
  • mineoは250円+198円×1回=448円
月に2回課金する場合、mineoがお得
  • povoは330円×2回で660円
  • mineoは250円+198円×2回=646円
月に3回課金する場合、mineoがお得
  • povoは330円×3回で990円
  • mineoは250円+198円×3回=844円
月に4回課金する場合、mineoがお得
  • povoは330円×4回で1320円
  • mineoは250円+198円×4回=1042円
  • 990円のLINEMOの方がお得

表にすると以下のようになります。

料金比較povomineoLINEMO最安
月額0250990povo
課金1回330448990povo
課金2回660646990mineo
課金3回990844990mineo
課金4回13201042990LINEMO
課金5回16501240990LINEMO
課金10回33002230990LINEMO
LINEMOには課金が無いので一律

毎月4回以上課金するなら、LINEMOもあり

上記の試算でも明らかなように、もしmineoマイそくスーパーライトで「24時間データ使い放題」に4回課金すれば1042円になり1000円をオーバーします。

当サイトでもオススメしているLINEMOであれば、990円でLINEがカウントフリーで使えるため、1000円以下(990円)で外出時の子供との連絡手段を確保できますよ。

LINEは、データ使いすぎても速度制限にかかることはありません。

▶LINEMO公式サイトを確認する

ただ、毎月990円かかるので外出回数が少ない月は、povoやmineoに比べて少し高くついてしまうのは注意ですが、なんだかんだで外出機会は多いと思うので最もおすすめです。

LINEMOミニプラン(3GB)がお得!

詳細はLINEMO公式(https://www.linemo.jp/
でご確認ください
お得に申し込もう!

ソフトバンクの格安ブランドであるLINEMOは、通信速度が速く、LINEがカウントフリー※という唯一の特徴を持っています。※一部LINEギガフリーの対象外あり。

カウントフリーって?

どれだけLINEをしてもデータ量(ギガ)を消費しないこと。

どれだけビデオ通話をしても写真・動画を送り合っても速度制限にかかりません。

ネットの使いすぎで通信速度制限にかかっても、LINEを使うときは通常速度で利用可能です!

3GB 990円で利用可能なため、子供のスマホの契約に今大人気です。

\ミニプランなら半年間、6GB/月が実質無料で使える!/

※ 新しい番号での契約、 ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外。
※特典は出金・譲渡不可。 PayPay公式ストア、PayPayカード公式ストアでも利用可能。 オンライン専用。

別の格安SIMにしてましたが、外で使わせたときは音声が遅れたりとなんか質が悪いと思ってたのですが、LINEMOにしたところLINEの音声もクリアに聞こえて正解でした!ありがとうございました!

ビデオ電話することがありますが、画質が綺麗なのでやっぱりLINEMOは通信速度が速いんだなと改めて実感できました!月額990円でLINEが使い放題なのは助かります。

よくある質問

通話品質は問題ない?

マイそく スーパーライトはデータ通信回線が遅いのが特徴ですが、普通の通話に利用する通話回線に関しては全く問題ありません。

32Kbpsの速度制限中に「24時間データ使い放題」は申し込める?

公式サイトによると、事前に課金ロック解除の設定をしておけば問題なく申し込めるとのことです。

本記事まとめ

本記事では、mineoの新プラン「マイそく スーパーライト」についてと、子供向けなのかどうかを解説してきました。

1日データ使い放題のオプションが198円と安くなったことから、自宅のWi-Fiに繋ぐこと中心の使い方でpovoよりも安く抑えられ、十分子供のスマホ向けの格安SIMと言えます。

povo
  • 月額料金0円
  • オプション(トッピングなし)だと128kbps
  • 330円の課金で1日使い放題
  • 使い放題時の通信速度は超速い(格安ブランド並)
  • povoの申し込みはこちら
mineoマイそくスーパーライト
  • 月額料金250円
  • オプションなしだと32kbps
  • 198円の課金で1日使い放題
  • 使い放題時の通信速度は普通(格安SIM並)
  • mineoの申し込みはこちら
LINEMO
  • 月額990円(3GB)
  • オプションは無し
  • LINEは常時使い放題(カウントフリー)
  • 通信速度は超速い(格安ブランド並)
  • LINEMOの申込みはこちら(キャンペーン適用されます)

\ミニプランなら半年間、6GB/月が実質無料で使える!/

参考リンク

▶子供のスマホにmineo(マイネオ)は実はやばい!?注意点をメリット・デメリット観点で解説!

▶子供向け格安SIMは【LINEMO】がおすすめと断言する4つの理由

▶【注意点あり】子供のキッズ携帯に楽天モバイルはおすすめしない5つの理由

▶ワイモバイルにキッズ携帯はある?実はソフトバンクのキッズフォンが使えます。

タップできる目次