子供のスマホをLINEMO(月990円)で始めよう >

スマホがデータ使い放題ならWi-Fiはいらない?

スマホがデータ使い放題ならWi-Fiはいらない?

著者:ネットワークエンジニア ぺんた

タップできる目次

データ使い放題ならWi-Fiはいらない場合もある

本記事で伝えたいこと(結論)を先に書くと、ケースバイケースですが、下記のような感じでOKです。

<おおよその方向性>

  • 1~2人ならWi-Fiはいらない【スマホのテザリングでOK】
  • 3人以上ならWi-Fiがあった方が良い【固定回線がオススメ】

当然、いろんな要素(用途、通信量、安定性)が絡み合ってるので細かく知りたい方向けに解説していきます。

スマホでテザリングを利用することでPCも接続できる

スマホの機能の1つに「テザリング」があります。

テザリングってご存じでしょうか?

テザリングとは、スマホをモバイルルーター(データ通信専用の小型通信機器)のように使って、パソコンやタブレットをインターネット接続させる機能のこと。

このとき、スマホが親機、親機にぶら下がる通信機器たちを子機と呼びます。

  • スマホでテザリング機能を有効化する(親機)
  • 通信機器をスマホに接続する(子機を親機に接続)

上記の手順により、通信機器をスマホ経由でインターネットに接続することができます。

そのため、スマホさえあればほとんどの無線通信機器を接続できるので、Wi-Fiは不要と言えるでしょう。

ただ、いくつか懸念点もあるのでメリット・デメリット観点で整理しておきます。

スマホでテザリングするときのメリット

<メリット>

  • Wi-Fiを別途契約しなくてよくなる
  • 通信費を抑えることができる
  • 古いスマホを活用することで端末代が節約できる

スマホさえあれば他の通信機器をインターネットに接続できるので、Wi-Fiを契約する必要がなくなります。

そのため、通信費の総額を抑えることができます。

もし家に余ったスマホに別途SIMカードを契約して挿せば、テザリングを有効にすればモバイルルーター代わりなるので、端末代が節約できます。

スマホでテザリングするときのデメリット

<デメリット>

  • スマホのバッテリー消費が大きくなる
  • 無線のため通信が不安定になることがある
  • 一時的な速度制限にかかる場合がある

もしメインで使ってるスマホでテザリングを有効にして子機を繋いでいると、バッテリー消費が大きくなるし劣化も早くなります。

高速通信と言えどスマホでの無線通信なので、電波の繋がり具合により通信が不安定になることがあります。

モバイル通信は電波を他者と共有しているため、短時間で大量に通信しすぎると一時的に制限がかけられてしまう可能性があるでしょう。(次の項で説明します)

テザリングについての詳細は「テザリングとは?初心者向けにわかりやすく技術解説します。」も合わせてご覧ください。

データ使い放題は本当に使い放題なのか

スマホの契約キャリアにはこんな記載があります。

大量通信をすると一時的に
速度制限する場合がある

実は使い放題と言いながら使い放題ではないキャリアが多いです。

どのくらい使えば制限かかるかは、時期や回線の混雑具合によって変わるので「〇GB!」といえる値はありません。

ですが、使い放題に制限が付くところが一般的です。

キャリア速度制限に関する記載
ドコモ
eximo
ネットワーク混雑時、大量通信時等に通信制限がかかる場合があります。
ahamo(特に記載なし)
irumoネットワーク混雑時、他の料金プランよりも先に混雑時の通信速度の制限を実施させていただく場合があります。
au使い放題MAX 5G/4G:テザリングなどは合計30GBまで。混雑時など通信制御を行う場合があります。
※他のプランではテザリング30GBの他に、60、70、80GBまであります。
povoネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があります。
ソフトバンク通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のため、通信速度を制御する場合があります。なお、通信の切断は行いません。
一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と当社が判断した場合は、通信速度を制限することがあります。
LINEMO通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のため、通信速度を制御する場合があります。
楽天モバイル公平なサービス提供または環境により速度低下する場合あり
mineo
(マイピタ)
ネットワークが混雑する時間帯(平日7:30~8:30、12:00~13:00、18:00~19:00など)には、通信速度が上記より遅くなることがあります。
弊社では、ネットワークが混雑する時間帯において通信の最適化を行っております。
通信の最適化について詳しくは、「混雑時における通信サービス品質確保の取組みについて」をご確認ください。
IIJmio(記載がみつからず…)
記載が無くとも制限がかかる可能性もある

ネットワークの混雑時や、大量通信時動画やクラウドゲーム等のコンテンツ利用時に一時的に制限されることがあります。

特にahamoは無制限ではないものの速度制限の記載が無く、ヘビーユーザーでない限りは大盛り(100GB4,950円)で実質的に使い放題とも言えます。

もし「多少の通信速度制限は構わない」という方は、下記使い放題できる格安SIMを参考に選んでみましょう。

データ使い放題ができるおすすめ格安SIM3選

いくつもある格安SIMの中から、無制限使える(条件付き含む)格安SIMを厳選して紹介します。

<使い放題が出来る格安SIMおすすめ3選>

  • mineo(低速無制限,660円~)
  • ahamo(100GB,4950円)
  • 楽天モバイル(無制限,3278円)

mineo(低速無制限,660円~)

料金プラン「マイそく」では下記の3つの料金プランがあります。

料金プラン月額料金
プレミアム(最大3Mbps)2,200円
スタンダード(最大1.5Mbps)990円
ライト(最大300kbps)660円
マイそくの3つのプラン

mineoの「マイそく」は通信速度に制限がある代わりに通信データ容量は使い放題という特殊な格安SIMです。

<こんな人におすすめ>

  • 通信速度は速くなくていい
  • 必要最低限だけあればいい
  • 安く使い放題したい

上記のような方であれば、最大3Mbpsだと2,200円で済むので安く使い放題が可能です。

\速度遅いけど無制限!!/

ahamo(100GB,4980円)

料金プラン月額料金
通常プラン
(20GB)
2,970円
通常プラン+大盛りオプション
(20GB+80GB)
4,950円

ahamoの料金プランは20GBの1プランになります。

このプランに大盛りオプションを追加すれば4,950円で100GB使えるようになります。

1ヵ月100GBってほぼ使い放題じゃないでしょうか??

これでテザリング使えば、ヘビーユーザーでない限りはWi-Fiは不要になるかなと思います。

正直、100GBで5,000円はコスパ高いです!

\100GB4950円は高コスパ!!/

楽天モバイル(無制限,3278円)

料金プラン月額料金
~3GB1,078円
~20GB2,178円
20GB~3,278円
マイそくの3つのプラン

どれだけ使っても月額3,278円で抑えられることを考えると最もコスパの高いキャリアと言えます。

楽天モバイル回線は無線基地局が少なく電波の周波数も高い(プラチナバンド持ってない)ことから、繋がらない地域では使い物にならないと言われていますね。

ですが・・・

逆に繋がる地域であればかなり有用なキャリアとも言えます。

使いすぎると速度制限かかるのは基本的にどのキャリアも起こり得るので、であれば最も安い楽天モバイルがおすすめと言えるでしょう。

一度使ってみて、使えるかどうか確認してみるのもアリですね!

\初めての申込みで20,000円ポイント還元!!/

楽天モバイルは初期費用・解約金0円で契約できます

まとめ:データ使い放題のキャリアを契約して固定費節約はできる

本記事では「スマホがデータ使い放題ならWi-Fiはいらないか」について解説してきました。

正直、家でYouTubeやPrimeVideo等をよく観るという方は、通信制限かかってしまう可能性を考えると固定回線の方がおすすめです。

とは言え、どこまで使い続けると制限がかかるかはその時その時によります。

固定費節約が最優先であれば、スマホでデータ使い放題を契約しテザリングで利用することで節約に繋がります。

キャリア月額料金/データ量通信速度
mineo
mineo
公式サイト
プレミアム:
2,200円/無制限

スタンダード:
990円/無制限

ライト:
660円/無制限
プレミアム:3Mbps
スタンダード:1.5Mbps
ライト:300Kbps
ahamo
ahamo
公式サイト
4,950円/100GB高速
楽天モバイル
楽天モバイル
公式サイト
3,278円/無制限高速

参考リンク

楽天モバイルのメリットの1つであるRakuten Linkについて

タップできる目次