子供のスマホをLINEMO(月990円)で始めよう >

【決定的】親が楽天モバイルならキッズ携帯はどう選ぶべき?

【決定的】親が楽天モバイルならキッズ携帯はどう選ぶべき?

著者:ネットワークエンジニア ぺんた

親は楽天モバイル使ってるのだけど、子供のキッズ携帯はどこを契約したらいいのだろう?

近年では数多くの携帯事業者が登場してきており、楽天モバイルや他の格安SIMを使っている親も多いのではないでしょうか。

このとき、キッズ携帯はどの事業者でどういう契約するのがおすすめなのか?について、格安SIM歴7年、プロのネットワークエンジニアが解説します。

<本記事で伝えたいこと>
  • 親子で契約キャリアが異なると、キッズ携帯のメリットはほぼゼロに
  • 子供に楽天モバイルはアリだが、あまりおすすめできない
  • もし選べるなら、LINEMOがオススメ(キャンペーン中!!)

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

なぜエンジニアの僕がこう考えるのか、紹介しますね。

タップできる目次

親子間で契約キャリアが異なるとキッズ携帯のメリットがなくなる

既にご存じかもしれませんが、楽天モバイルにはキッズ携帯はありません。

もし親が楽天モバイルを使っているけど子供にキッズ携帯を持たせたい場合、他社のキッズ携帯を契約することになります。

この際、以下の2点に注意が必要です。

<親子でキャリアが異なる時の注意>

↓タップで自動ジャンプします↓

  1. GPS見守りが使えない!
  2. 家族間無料通話が使えない!

つまり、

親が楽天モバイルならキッズ携帯の機能を十分に活かすことができなくなります。

以下で詳細について見ていきます。

GPS見守りが使えない

GPS見守り機能は別途見守りオプションを契約する必要があります。

親のスマホから子供(キッズ携帯)のGPS位置情報を確認できる機能オプションです。

この見守りオプションは、親と子が同一のキャリアを契約している必要があるので、親子間でキャリアが異なるとGPS見守りサービスが使えないことに注意が必要です。

親子の契約GPS見守りオプション
親:ドコモ
子:ドコモ
イマドコサーチ
親:au
子:au
安心ナビ
親:ソフトバンク
子:ソフトバンク
位置ナビ

イマドコサーチは親がドコモではなくてもahamo,irumoでも利用可能になりました。

親が楽天モバイルである以上、子供が他社キッズ携帯を持つと、GPS見守りはできません。

家族間無料通話が使えない

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでは、同一家族間(ファミリー割引範囲)では通話料が無料になるメリットがあります。

この家族間無料通話を活用していれば、キッズ携帯から発信するといつでも無料です。

しかし、家族間でキャリアが異なると同一ファミリー割引が適用されないため、通話するたびに通話料22円/30秒かかることには注意が必要です。

親が楽天モバイルならRakuten Linkを使えば無料ではあるものの、キッズ携帯からの発信には料金がかかります。

子供も楽天モバイルにすべき?

子供のキッズ携帯に楽天モバイルはおすすめしない5つの理由」にも記載していますが、

個人的には、通信の安定性を考えると子供に持たせるスマートフォンに楽天モバイルはあまりおすすめしませんが、料金面を考えるとアリです。

主な理由を2つ記載しておきます。

<楽天モバイルが子供に向かない理由>

↓タップで自動ジャンプします↓

他社と比べて電波がつながりにくく、連絡取れない場合がある

楽天モバイルは他の大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)にくらべて圧倒的に電波が悪いです。

電波が悪い理由として、利用している電波の周波数がワケあり(プラチナバンドを持っていない)なことや電波基地局が少ないことが挙げられます。

残念ながら楽天モバイルはつながりやすい電波「プラチナバンド」を持っていません。(パートナー回線は除く)

そのため、室内でつながりにくかったり圏外になることが頻繁に起きる可能性があり、常に確実に連絡を取り合いたい子供に利用させるのはあまりおすすめはできません。

もし繋がりやすい地域に住んでいる方なら問題ありません。

使いすぎても制限がかからないため、子供には注意

楽天モバイル料金プラン
楽天モバイルの料金プランは1つのみ(従量制)

楽天モバイルの料金プランは従量制の1プランであり、使えば使うほど料金が上がっていきますが使い放題です。(上限3,278円)

使用データ容量月額料金最強家族&こどもプログラム加入
3GBまで1,078円528円
(12歳以下)
20GBまで2,178円1,958円
それ以降3,278円3,058円

無制限に使える大人だと上限3,278円はお得感がありますよね。

でも子供が使うスマホなら、ある程度データ容量に制限がある方が良いのではと思っています。

速度制限により使いすぎの抑制にもなりますし、データ通信利用の計画性も身に付きます。

【料金】12歳以下なら楽天モバイルをさらに安く使える!

2024/5/2から始まった「最強家族プログラム」と「最強こどもプログラム」を併用することで実質528円/月(税込)で利用することができます。

つまり3GB 1078円が550円分安くなり、528円/月で利用可能になります。

繋がりやすさよりも料金面を優先する方には「楽天モバイルがおすすめ」とも言えるようになりました。

\最強こどもプログラムで実質528円/月~/

楽天モバイルの割引の注意点

最強こどもプログラムは3GBまででは毎月440円分のポイント還元で割引となるものの、3GBを超えてしまうと毎月110円しか還元されないことには注意です。

確実に3GBで止められるようにしましょう。。。

申し込み時は、子供用の楽天アカウントを作成・申し込みをお願いします。

3GBでデータ通信を止める方法(制限値を設ける)

データ通信を3GBで通信を止めたい場合はAndroid標準で備わっています。

Androidでは設定で警告値、制限値を設けることができるようになっています。

詳しくは「楽天モバイルでデータ通信量を3GBで止める方法【Androidで警告通知を設定しよう】」を参考にしてください。

\最強こどもプログラムで始めよう/

親が楽天モバイルなら子供は格安SIMが最適

格安SIM(格安スマホ)が最適だと断言する理由については、以下の4つです。

1.GPS見守りが無料で使える

Googleファミリーリンク

子供がキッズ携帯の場合、GPS見守りには有料オプションを契約(ドコモならイマドコサーチ)する必要がありました。

ですが、スマホなら無料のアプリ「Google ファミリーリンク」を利用することが可能です。

スマホアプリなので、キッズ携帯では利用できませんが普通のスマホなら利用可能です。

Googleファミリーリンクを実際に私が使ってみたイメージが知りたい方は、別の記事「ファミリーリンクを設定して子供のスマホ利用を見守ってみた」を参考にしてください。

ファミリーリンクは、子供がLINEMOや楽天モバイルでも利用可能です。

2.アプリの利用制限もかけられる

こちらも「Googleファミリーリンク」アプリを使うことで、子供のスマホ上で利用してほしくないアプリに関しては利用不可にすることが可能です。

そのため、実際に使えるアプリをLINEだけにすることも可能です。

利用可能アプリの中でも「1日〇時間まで」と時間制限も設けることもできますよ。

下記にGoogleファミリーリンクでできるようになることの代表例を挙げておきます。

<ファミリーリンクを導入してできるようになること(代表例)>

  • 普通のスマホでもファミリーリンクを導入することでキッズ仕様のスマホにすることができる
  • 利用可能なアプリの管理、使ってほしくないアプリには制限が可能
  • アプリのインストールには親の承認が必要に
  • アプリ毎に利用時間の制限が可能(1日3時間など)
  • GPSにより子どもの位置情報を確認できる(スマホの位置)
  • 子どもが利用したアプリと時間のレポート(今日・昨日・7日間・30日間)
  • Google Chromeで表示できるサイトのフィルタリング

子供のスマホをLINEだけに制限する方法について詳細は「子供のスマホをLINEだけにする方法」をご覧ください。

3.スマホだからLINEで連絡が取りあえる

キッズ携帯ではスマホアプリは利用できないので、LINEも利用することができません。

しかし格安SIM(スマートフォン)であればLINEが利用可能なので、通話もメッセージもLINEで完結するし無料です。

LINEが使える格安SIMなら子供を含めて家族グループLINEが可能です!

何より、グループLINEに子供も参加させることができるので、お父さん、お母さん、子供での情報連携がスムーズになります。

4.LINEがカウントフリーで連絡手段を常時確保できる格安SIMがある

格安SIMである「LINEMO」は、格安SIMの中でも唯一LINEがカウントフリー(データ容量を消費しない)の特徴を持っています。

そのため、どれだけ使いすぎても速度制限がかからずにLINEで連絡を取り合うことができます。

このような理由から子供の契約キャリアとしてオススメなのが「LINEMO」です。

<LINEMOのポイント>

  • 3GBで990円のプランが使いすぎることなく丁度良い
  • 古いiPhoneも使える
  • LINEがカウントフリーで連絡手段は常時確保

LINEMOミニプラン(3GB)がお得!

詳細はLINEMO公式(https://www.linemo.jp/
でご確認ください
お得に申し込もう!

ソフトバンクの格安ブランドであるLINEMOは、通信速度が速く、LINEがカウントフリー※という唯一の特徴を持っています。※一部LINEギガフリーの対象外あり。

カウントフリーって?

どれだけLINEをしてもデータ量(ギガ)を消費しないこと。

どれだけビデオ通話をしても写真・動画を送り合っても速度制限にかかりません。

ネットの使いすぎで通信速度制限にかかっても、LINEを使うときは通常速度で利用可能です!

3GB 990円で利用可能なため、子供のスマホの契約に今大人気です。

\ミニプランなら半年間、6GB/月が実質無料で使える!/

※ 新しい番号での契約、 ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外。
※特典は出金・譲渡不可。 PayPay公式ストア、PayPayカード公式ストアでも利用可能。 オンライン専用。

別の格安SIMにしてましたが、外で使わせたときは音声が遅れたりとなんか質が悪いと思ってたのですが、LINEMOにしたところLINEの音声もクリアに聞こえて正解でした!ありがとうございました!

ビデオ電話することがありますが、画質が綺麗なのでやっぱりLINEMOは通信速度が速いんだなと改めて実感できました!月額990円でLINEが使い放題なのは助かります。

本記事のまとめ

本記事では、親が楽天モバイルのときキッズ携帯はどう選ぶべきかについて解説してきました。

要点は以下です。

  • 楽天モバイルにはキッズ携帯はなく、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)にのみ販売されている
  • キッズケータイのGPS見守り機能や音声通話無料は親子間で同一キャリアであることが条件
  • 親が楽天モバイルのとき、子供はキッズ携帯より格安SIMの方が機能が豊富で便利
  • 格安SIMの中でもLINEがカウントフリーで使える「LINEMO」がおすすめ
  • 親も子供も「楽天モバイル」もあり

親が大手キャリアではない場合は、キッズ携帯を契約しても通話料が毎回かかってしまったり、GPS見守りが使えないことを考えると正直あまりおすすめできません。

そのためだけに親側が大手キャリアに乗り換えるのも月額料金が増えてしまうので避けるべきだと思います。

それなら格安SIM+管理アプリ「ファミリーリンク」の方が便利に使うことができるのでおすすめです。

\ミニプランなら半年間、6GB/月が実質無料で使える!/

\ポイント還元キャンペーン実施中!!/

参考リンク

タップできる目次